英語学習の最難関!冠詞をどこよりも分かり易く解説

英語冠詞の勉強部屋

動詞

「take」と「bring」の使い分け|英語動詞

takeとbringという二つの動詞の使い分けは、日本人にとって大変難しいです。

ある英語文法サイトで見つけた英文例:

When I visited Ken's house, I took some fruits.
ケンの家を訪れた時、私は幾つか果物を持って行きました。

おそらくこのサイトの管理人が言いたいのは、「ケンの家に行くとき、手土産に果物を持っていった」と言いたいのだと思います。

しかしこれはtookではなくbroughtの方が相応しいです。このままだと、「ケンの家を訪れたとき、ケンの家にあったフルーツを取ってきた」となるからです。

takeとbringについて説明します。

Sponsored Link

takeは現在地から離れてく

何か目的や目的地があって、その目的を達成するために或いは目的地へ到達するために、現在地から離れていく、遠ざかっていく感覚がtakeです。そして目的地のことより、現在地から遠ざかっていくことに焦点を合わせているのが特徴です。目的や目的地そのものより、現在地から目的地にどうのように離れていくかが重要視されます。

例えば合コンで、かわいいお姉ちゃんが2人いたとして、あなたは友達と、どっちにするか話しています。

【例文1】
あなた: I'll take Moe. 俺、もえちゃんお持ち帰りな。
友達: OK. Then, I'll take Emy. 分かった。じゃあ俺、エミちゃんにするよ。

ここでは現在地の合コン会場から離れて、目的地である自宅のアパートへもえちゃんを連れていくことが目的です。目的地(自宅アパート)へ到達するために、現在地(合コン会場)を離れるので、takeを使います。さらに、合コン会場をどのように離れていくのか(どの女の子を連れていくのか)が、あなたと友達にとって重要なのです。ですから、takeが相応しいと言えます。

別な例でみてみましょう。

明日から彼氏と初めてのお泊まり旅行。自宅に帰ったら直ぐ荷物をまとめて準備しなきゃと、カフェでランチを食べながら話すあなたに友達がアドバイス。

【例文2】
友達: I bought two boxes of protections. Take some with you just in case. 避妊具2箱買ったの。念のため、いくつか持っていきなよ。
あなた: Good idea. I'll take some. いい考えね。いくつか貰っていくね。

ここで友達が持っていきなよと言ったのは、避妊具を直接「旅行へ持っていって」ということではなく、「あなたに家に持ち帰ってもらい、荷物をまとめるとき一緒にカバンの中に入れて、旅行へもっていったらいいよ」ということです。最終目的地は旅行先ですが、この会話での目的地はあなたの自宅です。荷物をまとめるとき、避妊具も一緒に入れてほしいが為に、友達は、それをあなたに荷物をまとめるあなたの自宅へ持ち帰ってほしいのです。

友達はあなたがカフェから離れ、自宅(目的地)へ帰るとき、避妊具も一緒に持っていって欲しい、つまり現在地からどのように遠ざかるか(避妊具と一緒にカフェを離れる)が重要なので、takeを使うのが正しいのです。

上記二つの例で、目的地は自宅ですが、急遽ホテルに変更になるかもしれませんし、別の場所になるかもしれません。このように目的地は特別重要ではなく、大切なのは、現在地から離れていく感覚、現在地からどのように目的地に向かって離れて行くのか、です。

目的地が自宅アパートではなくホテルになっても問題はないですが、現在地をどのように遠ざかるかが変わったら、つまりモエちゃんではなく、ちょっと容姿が残念なマリーちゃんになったら、それはオオゴトです。

bring、目的地へ向かっている

一方のbringは、目的地へ向かっている感覚です。現在地は特に重要ではなく、どのように目的地へ向かっているのかが重要になります。

【例3】
あなたは友達から、週末の合コンで、イケメン男子を3人連れてくるよう頼まれました。

友達: Do you know any nice-looking guys? 誰かカッコイイ男の子知らない?
あなた: I do. 知ってるよ。
友達: Good! Bring at least tree of them to the party this Friday. 良かった。金曜日の合コンに少なくとも3人は連れてきてよ。

目的地は合コン会場です。そこにイケメン男子を3人連れてくることが、大事です。あなたの現在地は関係ありません。あなたが現在どこにいようが、目的地にイケメン3人を連れてくることが重要なのです。

こういうときに、bringを使います。

【例4】
あなたが風邪を引いて寝込んでいます。でも風邪薬を飲もうにもありません。そこで友達に連絡をして、
あなた: I'm sick. Do you have any medication? If so, can you bring it for me? 風邪引いたの。薬持ってる?もし持ってたら、持ってきてくれる?
友達: I have Morton. I'll bring it for you. モートンならあるよ。持っていってあげるね。

風邪で寝込んでいるあなたが目的地です。そこへ風邪薬を持って行くことが、つまり目的地に風邪薬と一緒に友達が現れることが重要です。よってここではbringを使います。

まとめ

takeとbringをまとめた会話例を挙げます。

【例5】
妻: Please take your dishes to the kitchen when you're done. 食べ終わったら、キッチンにお皿を持っていってよ!
夫: You don't need to yell at me. I'll take them. そんな大声で言わないでよ。持っていくからさ。
子供: Dad, can you bring me soy sauce from the kitchen? パパ、キッチンから醤油持ってきて。
妻: Well, honey, can you bring salt for me? あ、私にはお塩持ってきてくれる?
夫: Here are salt for you and soy sauce for you. はいこれ、塩と醤油。
妻: Thank you sweetie. As long as you're standing, take these plates too. 有難うあなた。立ってるついでに、このお皿も持っていって。

【例6】
あなた: I'll bring my favorite dish to your birthday party. 誕生日会に、自分の好きな食べ物持っていくよ。
友達: Great! What are you going to bring? I'll order some pizza. いいねぇ。何を持ってくるの?ピザも注文するけど。
あなた: Can I take some home if some slices are left? もしピザが余ったら持って帰っていい?
友達: You love pizaa. You can take all leftover if you bring a lot of dish. ピザが好きなんだね。余ったピザ全部持って帰っていいよ、もし食べ物をたくさん持ってきてくれたらね。

最後に

冒頭の例文、

When I visited Ken's house, I took some fruits.

これがなぜ「ケンの家を訪れたとき、ケンの家からフルーツを取って帰った」という意味になるのか、理解できたと思います。

この英文における現在地はケンの家で、そこからフルーツと共に”I(私)”が離れて行くイメージです。

この英文を日本語訳に合わせるとしたら、

When I went to Ken's house, I took some fruits.

文脈から、私の自宅が現在地で、ケンの家へ行くとき、フルーツと一緒に行った、と分かります。しかしこれでもまだ、どこへフルーツを持っていったのか、あるいはどこからフルーツを取ってきたのか、という曖昧さが残ります。

ですので、

I took some fruits to Ken's house.

あるいは、

I brought some fruits for Ken.

として、”I(私)”はケンの家へ行くとき、ケンのために、手土産にフルーツを持っていった、とするのがお勧めです。tookを使うより、ケンに対して好意も感じられる文です。

Sponsored Link

-動詞

© 2020 英語冠詞の勉強部屋 Powered by AFFINGER5