英語学習の最難関!冠詞をどこよりも分かり易く解説

英語冠詞の勉強部屋

動詞

英語動詞takeを使いこなせ!意味と使い方基本

takeは、英語の動詞の中で使用頻度が高いわりには、日本人にとってはそれを使いこなすのが難しい単語です。

takeの意味を辞書で調べると「持って行く、取る」とありますが、持っていったり、取る対象が、目に見える物体だけでなく、抽象的で目に見えないことだったりもするので、理解が難しいです。

今回は、takeという英語動詞の使い方で最も基本的な、目に見える物体をtakeする場合について、解説します。

Sponsored Link

takeの基本

中学生のときtakeという英語の動詞を習いました。そのときは単に目に見える物を「持って行く」というふうに理解したと思います。

居間でお茶を飲みながらテレビを観ていたら、母親が、飲み終わったら湯のみを台所へ持っていけと言う。

Take your tea cup after drinking.

雨が降りそうだから、傘を持って行けと母親が言う。

Take your umbrella with you.

で、傘を持ち出したら、姉がここにあった私の傘、どこに行ったの?母親が、沙羅がさっき持って行った。

姉: Where is my umbrella?
母: Sarah took it with her.

姉が仕方なく、だったらお母さんの傘を持って行くと、母親のを持って出かけた。

姉: Well, I'll take yours, mom.

takeを目に見える物体と結びつけて、その物体を「持って行く」という意味で、分かり易いと思います。

A、B、C...どれにする?<

日本語では「選ぶ」に近いような使い方を、takeを使い表現します。

レストランでランチスペシャルを食べたら、ウェイトレスが、食後にコーヒーか新茶のサービスがあるという。どちらにするか尋かれて、

I'll take coffee.

コーヒーを選んだあなた。このときtakeを使います。

「選ぶ」というと、chooseが思い浮かびますが、この状況ではtakeがふさわしいです。もちろんchooseでも十分通じますけどね。

違いとしては、takeを使うと、ウェイトレスがコーヒーか新茶かどちらにするか尋かれて、特に深く考えず、コーヒーと答えた。食後はいつもコーヒーと決まっている。

chooseを使うと、コーヒーか新茶か考えて選んだ。選んだ分、そこには何か考えがあった。例えば普段お茶を飲むけど、ここのレストランはコーヒーがおいしいって評判だから、ここはコーヒーにしようかなとか。普段はコーヒーを飲むけど、昨日の定期検診で医者からもっとお茶を飲むように指導された、今日からコーヒーは控えようと思う。だからお茶にしよう。

ここまで深く考えて食後の飲み物を決める人はいないと思うので、takeを使うのが適当かと思います。

まとめ

中学校で初めてtakeを習ったときは、上記のように目に見える物体を「取る、持って行く」と覚えました。これがtakeの最も基本的な使い方で、理解しやすい部分だと思います。

次回は目に見えない物や事柄をtakeする場合について、解説します。

takeとbringの意味や文法の違いについては、
↓ ↓ ↓
「「take」と「bring」の使い分け|英語動詞」

Sponsored Link

-動詞

© 2020 英語冠詞の勉強部屋 Powered by AFFINGER5