英語学習の最難関!冠詞をどこよりも分かり易く解説

英語冠詞の勉強部屋

英語の話題

英語習得に近道はある?短期間で英会話がペラペラは可能か

英語がペラペラになりたいという、知り合いの知り合いAさん。そんなAさんが、自身のブログに「3ヶ月で英語がペラペラになる」というようなコピーで、なんと30万円もする英会話プログラムについて書いていました。

A さんはそんな大金を支払えないので、そのプログラムのメルマガに登録して英語を勉強すると言っていました。

良かった、Aさんがメルマガ程度にしておいてくれて。

で、今回はそんな短期間で英会話が上達し、ペラペラ話せるようになることが可能なのか、考えてみましょう。

A さんのように、英会話が上手になりたいと思っている人に、参考になると思います。

Sponsored Link

短期間で英会話上達は可能

英会話が短期間で上達するのかどうかという質問に対して、私の答えはYesです。

ただ英語がペラペラになるかどうかは、個人の期待値や、「英語がペラペラ」の定義によると思います。

例えば「短期間」という期間を3ヶ月として、3ヶ月間で、英会話が上達するのは可能だと思います。3ヶ月間毎日一生懸命英会話を練習すれば、初日より3ヶ月後の方が、英会話ができるようになっているのは当然です。ボキャブラリーも増えることでしょうし、言いにくい発音も、舌が回るようになるでしょう。

しかしもしあなたの期待値がものすごく高い場合。中学校高校で英語を習って以来、全く英語とは無縁の生活をしてきて、3ヶ月後にはハリウッド映画も字幕無しで分かるようになるか。全く無理とは言いませんが、可能だとも言い切ることも難しい。本人の努力次第ですとしか、答えようがありません。

それからその3ヶ月間、どのくらい頑張ったかも、重要なポイントです。一日何時間も英会話の習得に費やした場合と、週に1時間だけ、というのでは、違いが出てくるのは容易に想像できますよね。

どんなケースでも、初日と3ヶ月後を比べれば、上達はしているでしょう。

英会話習得に、近道は無い

では英会話を習得するのに、近道はあるのか、という質問に対しては、私の答えはNoです。

これは英語だけではなく、とにかく言語を習得するのに、近道は無い。

だって考えてみてください。私たちの母国語の日本語だって、一体何年間学校に通い、合計何時間”国語”の授業を受けたのか。

小中高の12年間、さらに大学の4年間費やして、これだけの日本語が話せるのです。言語ってそういうものです。

しかし逆に言えば、それだけの年月を費やしたので、日本語をそう簡単に忘れることはありませんし、今でも毎日日本語を使っていれば、その言語が強化されます。

14〜18歳まで、日本で過ごしたという、40代のアメリカ人の知り合いがいます。4年間日本にいて、地元の学校に通い、普通に日本語を話していたのに、日本を離れて、日本や日本語とは無縁の生活を送っていたら、すっかり日本語を忘れたそうです。日本語は彼女にとって、どこかの国の知らない言葉。

このことが意味するのは、言語ってずっと続く努力です。

最後に

「英語がペラペラ」の定義って、本当に人によるし、英語が上達するといってもその度合いは人それぞれなので、そういった曖昧さゆえに、30万円のプログラムが魅力的に見えるのかもしれません。

個人個人で定義した「英語がペラペラ」の定義を、30万円プログラムに当てはめて、期待値をマックするにする。3ヶ月も英会話を勉強すれば、上達度合いは人それぞれ違っても、上達そのものはするでしょうから、30万円プログラムの宣伝文句が、全く嘘を言っているわけではない。ミスリーディングではありますが。

ですから、まず自分にとっての「英語がペラペラ」の定義をはっきりさせ、それをどのようにすれば達成できるのか、英会話教室に加入したり、英会話プログラムを受講する前に、明らかにすることです。

とくかく決して安い買い物ではないので、後悔しないようにしたいものですね。

以上、短期間で英会話上達は可能か、英会話習得への近道はあるのか、についてでした。

Sponsored Link

-英語の話題

© 2020 英語冠詞の勉強部屋 Powered by AFFINGER5