英語学習の最難関!冠詞をどこよりも分かり易く解説

英語冠詞の勉強部屋

英語フレーズ

英語で「初めまして」Nice to meet youとNice meeting youの違い

初対面の人に挨拶や自己紹介をするときに言う「はじめまして」。みなさん一番よくご存知な英語の表現は、

“Nice to meet you.”

なのではないかと思います。学校で習った記憶があります。直訳すると「お会いできて良かったです」、しかし実際には日本語の「はじめまして」に当たると言っていいでしょう。

”Nice to meet you”とよく似た表現で、

“Nice meeting you.”

があります。to doかdoingなのかの差で、一見すると同じ意味のように見えますが、微妙に使い方が違うんです。使い方が違うということは、意味も違うということですが。

今回は、英語で「はじめまして」”Nice to meet you”'と”Nice meeting you”の違いを解説します。

Sponsored Link

最初に言うか、最後に言うか

日本語で自己紹介をするとき、「はじめまして、鈴木次郎です」とまず冒頭で言います。こういうときに使うのが、”Nice to meet you”です。

自分も相手も自己紹介を終え、ちょっとペチャクチャして、会話の途中や別れ間際に「今日はお会いできて良かったです」「お話できて良かったです」「知り合いになれて嬉しいです」というとき、“Nice meeting you.”と言います。

“Nice to meet you.”
「お会いできて嬉しいです」
→ 自己紹介や挨拶の最初
“Nice meeting you.”
「お会いできて良かったです」
→ 挨拶や会話の途中や別れ間際

つまりいつ言うのかで、どちらを使うのかが決まるのです。日本語に訳すと、“Nice to meet you”は「お会いできて嬉しいです」、“Nice meeting you”「お会いできて良かったです」。ニュアンスの違いがお分かりいただけると思います。

不定詞か助動詞かで、どう違う?

”Nice to meet you”'と”Nice meeting you”を比べると、meetが不定詞か助動詞かの違いです。この違いが意味の違いになるわけですが、では詳しく見てみましょう。

不定詞to meetは、本当に字のごとく不定なわけで、未だ定まっていない、確定されていないこと、実現されていないことなわけです。あなたと出会ったことが良かったのかどうか、まだ確定されていない、あなたと出会ったことが良かったことだと、まだ実現されていない。まだ実現されていない時点はいつかというと、出会った瞬間、「はじめまして」の自己紹介や挨拶を始めたばかりの時点です。

一方meetingは、-ingがつくことで、ことが進行している状態。あなたと出会ったことは良いこと、という事実が進行している、つまり既に現実化しているのです。この時点はいつかというと、自己紹介の挨拶の途中や、相手と一通りの挨拶や会話を交わし終え、別れ間際です。

また数時間後や翌日に、メールや電話などで、「お会いできて良かったです」と言うときも、”Nice meeting you”です。あなたに出会ったことは良かったことだという事が現実化されているからです。

Sponsored Link

まとめ

今回ご紹介した、”Nice to meet you”と“Nice meeting you”は、主語と動詞が抜けていますが、つけるとしたら、

It's nice to meet you.
It was nice meeting you.

現在形と過去形の違いに注目すると、2つの文章の違いがより分かり易いかと思います。口語では主語と動詞を省くのは一般的です。

最後に付け加えておきたいのは、”Nice to meet you”と“Nice meeting you”の使うタイミングが逆になったところで、何も問題はありません。どちらがどのように使われる傾向があるのか、その考え方や文法的違いをご説明しただけです。

以上、英語で「はじめまして」は、”Nice to meet you”それとも“Nice meeting you”?意味の違いや使い分けを解説しました。

Sponsored Link

-英語フレーズ

© 2020 英語冠詞の勉強部屋 Powered by AFFINGER5