英語学習の最難関!冠詞をどこよりも分かり易く解説

英語冠詞の勉強部屋

動詞

「~するのが好き」 like doing と like to do の違い

今日はとってもよく使われる動詞likeを使った表現について、お話したいと思います。

「〜するのが好き」という意味で、動詞likeを使い、

like doing
like to do

助動詞バージョンと不定詞バージョンを習いました。さてこの二つの表現、両方とも「〜するのが好き」という意味ですが、ニュアンスや使い方が微妙に違います。この違いについて、学校で教わった覚えがないような気がします。

詳しくみてみましょう。

Sponsored Link

趣味や実際にやっていること、like doing

好きなことで、実際にやっていること、つまり趣味。

魚釣りが好きで、毎週末近くの海へ行って魚釣りをしている。

like fishing

毎日3キロ、趣味と健康のためジョギングをしている。

like jogging

幼い頃習っていたピアノを、今でも一日20分は弾いている。

like playing the piano

料理が好きで、毎日の夕食作りは楽しい時間。

like cooking

このように、助動詞を伴うlike doingは、それをするのが好きで、趣味で、実際に定期的にしていることです。毎日かもしれませんし、週に数回かもしれませんし、毎月第一日曜日かもしれませんが、継続的に、定期的に、していること。

ただ好きなだけ、like to do

一方で、不定詞バージョンのlike to doは、ただ好きなだけで、必ずしも行動が伴っているわけではありません。ま、時間があったら、機会があったら、その内挑戦してみたいと思う。または、その行為が好きかどうか聞かれて、「嫌いではない、好きだよ」。そんな感じです。

I like to cook.

料理をするのは好きだけど、だからといって毎日料理をしているとは限らない。毎日仕事で帰宅が遅く、ついコンビニや外食で済ませがち。週末も仕事が入ることが多く、ピザデリバリーやコンビニが自分の味方。料理するのは好きだから、もしまとまった休みが取れたら、料理したいな。そんな感じ。実際には料理をしているわけではありません。

I like to hike.

友達がハイキングにハマってて、私もアウトドアは好きな方だから、アウトドア好きの彼氏ができたら、週末はハイキングに行こう。 そんな感じ。実際に週末にハイキングに出かけているわけではありません。

比べてみると

友達で集まったとき、運動は健康に良いという話題になりました。どんな運動が好きかという質問になり、一人一人順番に答えていきました。

そこで気づいたことが。

I like to walk.

I like to swim.

I like to play tennis.

I like jogging.

いろんな運動が出てきました。よく知っている友達ばかりだったので、実際に定期的に運動をしているかどうかも知っていました。で、実際に運動をしている人は、助動詞バージョンのlike doingを使って話しているのに対し、運動をしていない人は、不定詞バージョンのlike to doを使っていました。ほとんどの人が、不定詞バージョンでした。

ウォーキングをするのは好き、泳ぐのは好き、テニスをするのは好き。でも実際しているかどうかとなると、話は別。時間があったら、機会があったら、一緒にプレーしてくれる人が見つかったら、やってみたいわね。という感じです。

元軍隊の友達は、毎日バリバリに体を鍛えています。彼女は助動詞バージョンlike dongで話していました。

Sponsored Link

まとめ

同じ好きでも、行動を伴うかどうか、実際にやっているかどうかで、助動詞バージョンlike doingか、不定詞バージョンlike to doに分かれます。

先程の運動の質問で、あなたは

like doing
like to do

どちらで答えますか?

以上、「〜するのが好き」を意味する、助動詞バージョンlike doingと不定詞バージョンlike to doの違いと使い分けについて、説明しました。

Sponsored Link

-動詞

© 2020 英語冠詞の勉強部屋 Powered by AFFINGER5