英語学習の最難関!冠詞をどこよりも分かり易く解説

英語冠詞の勉強部屋

動詞

“learn English,” ”learn to speak ~,” “learn how to speak ~”の違い

今回もlearnという動詞の使い方についてです。特に言語とlearnの使い方について、

learn English
learn to speak English
learn how to speak English

これら3つの違いについて、詳しく説明します。

Sponsored Link

語学習得にはコレ、learn English

世界中でたくさんの人が、learn Englishをしていると思います。もちろんこのブログを読んでくださっているユーザーの方たちも。

英語を話せるようになりたい、英語で本を書きたい、ハリウッド映画を字幕無しで理解できるようになりたい。目的は様々で、それを達成するためにはlearn English の必要がある。

Learn Englishは、英語の知識や話す・書く・読む・聞くなどの技術を身につけることです。

英会話教室のレッスンや、語学留学やESLでは、learn Englishをしています。

話し方を学ぶのが、learn how to speak English

どうやって英語を話せばいいのか、learn how to speak Englishは、その話し方を学ぶという意味です。具体的には、英語の正しし発音の仕方とか、単語と単語のつながりのリエゾンとか、流暢に聞こえるようには、どのように話せばいいか、どこにアクセントをつければいいのか、口や舌をどのように動かせばいいのか、などなど。

また、英語の上達方法についてであれば、シャドウイングだとか、パーティに行って話しまくるとか、映画で表現方法を学ぶとか、いろいろあると思います。私の大学教授は、読書がいいと言っていました。

そういった方法を学ぶのが、learn how to speak Englishです。

しかし英語の話し方を学ぶのであれば、
 
learn how to speak English fluently
流暢な英語の話し方を学ぶ

このように、副詞fluentlyなどを伴って、具体的にどのような状態になるために、英語の話し方を学ぶのか、を示すと、全体の意味がはっきりします。

Sponsored Link

英語を話すことを学ぶ、learn to speak English

learn to speak English とは、どういうことなのでしょうか。「learn to do とlearn how to doの違い 学ぶことが異なる」では、learn to doは、〜することの意味とか大切さなど、奥深いところを学ぶことだとお話しました。

それと同じでlearn to speak Englishも、英語を学ぶことの意味、大切さ、その奥にあるもの、そんなふうな意味になります。

ちょっとピンと来こないかもしれませんので、例文で説明します。

I learned to speak English whenever non-Japanese speakers were around.
日本人以外の人がいるときは、英語を話すことを学んだ。

アメリカに留学中、日本人の友達と話すときは日本語でした。でも日本人以外の人が話の輪に入ってきたときは、すぐに英語に切り替えました。とにかく日本語が分からない人がいるときは、その人に対してだけでなく、日本人同士で話すときも、英語で話すようにしていました。それがマナーであり、その場にいる人たち全員への思いやりであると学んだからです。と言いますのも、南米出身者同士でスペイン語を話しているとき、その場で私一人スペイン語が分からず、つまらない思いをしたからです。

Sponsored Link

まとめ

learn English
learn how to speak English
learn to speak English

これら3つはつながっていて、learn Englishするためには、learn how to speak English が必要になるし、learn to speak Englishのためには、learn English が不可欠になります。

つまり結局のところ、動詞learnと言語に関しては、これら3つは 同じようなことなのですが、違いが全く無いというわけではありません。

その微妙な違いについて、今回は詳しく解説しました。

以上、動詞learnと言葉についてでした。

Sponsored Link

-動詞

© 2020 英語冠詞の勉強部屋 Powered by AFFINGER5