英語学習の最難関!冠詞をどこよりも分かり易く解説

英語冠詞の勉強部屋

形容詞

"It’s kind of you"と"You're kind"の違い どちらも親切だけど...

人に親切にしたとき、

Kind of you

と言われました。

初めてそのフレーズを聞いたときは、kind とyouという単語から、私の親切に対して褒めてくれているんだな、感謝してくれているんだな、と言うことは分かりました。しかし、今ひとつ文法的に深く解釈できませんでした。

“You're kind”なら分かるけど、そうじゃなくて”Kind of you”って?同じ意味じゃないの?

しかし形容詞は違えど、このフレーズ、

形容詞 + of + 人

よく使われます。

今回は、”It’s kind of you”と“You're kind”の違いについて、文法的に、そして実際どのように使われるのか説明します。

Sponsored Link

文法的な違いは?

まずは、”Kind of you”と“You're kind”の文法について、見てみましょう。

It's 形容詞 of you to do ~

“Kind of you”をもうちょっと文法的に正しくすると、

It's kind of you to double my salary.

このことからお分かりいただけるように、主語のitは、to double my salaryを指しています。で、be動詞のisで、itすなわちto double my salaryはkindなわけです。

it = to double my salary

で、be動詞のisで、itすなわちto double my salaryはkindなわけです。

to double my salary = kind

私の給料を倍にしてくれるなんて、確かに親切ですよね。

次にof youの解釈ですが、前置詞ofには、2つの基本的な意味があります。

1. 所有のof
2. 同格のof

ここでは、2の「同格のof」を意味します。つまりofの前後の単語は、イコールなわけです。

kind = you

まとめると、

1. 私の給料を倍にすることは親切
2. そしてその親切なのはあなた

まるで数式のようですね。1と2の順序はとても大事であることを、頭に入れてください。

You're kind

“You're kind.”はbe動詞が使われていて、説明なんて必要ないくらい、基本的な文です。

You = kind
あなた = 親切

上記のように給料を倍にすることを付け足すなら、

You're kind to double my salary.

to double my salary私の給料を倍にするということは、kind親切なことです。この場合、不定詞であるto double my salaryということが、kindである理由や原因になっています。つまり、なぜkindなのか、給料を倍にするから、という関係です。

to double my salary
理由・原因

kind

またもや数式のようですが、まとめると、

1. あなたは親切だ
2. なぜ親切なのかというと、私の給料を倍にしたからだ

先程のように、ここでも1と2の順序はとても大事です。そのこを踏まえた上で、”Kind of you”と“You're kind”の文法的違いを理解しましょう。

性格か行動か、何に注目しているのかが、カギ

”Kind of you”と“You're kind”の文法的違いから、”Kind of you”は、行動に注目していて、“You're kind”では人に注目していることが、お分かりいただけると思います。

数式説明の1が、2より強調されている部分です。

ですから、”Kind of you”の場合は「私の給料を倍にすることは親切」、つまり「私の給料を倍にすること」という行為が、“You're kind”では「あなたは親切だ」、つまり「あなた」という人物そのものが、親切であると強調されているのです。

親切である対象が、異なるわけですね。

Sponsored Link

実際の場では、どうのように使われる?

「私の給料を倍にしてくれるなんて、あなたは親切だ」という例文は、”Kind of you”と“You're kind”の実際の用法の違いをよく表しています。

誰が私の給料を倍にしてくれるのか、それは上司です。給料の交渉の第一歩は、普通直属の上司にまず相談します。もちろん会社によるでしょうが。

で、その上司がさらに上に掛け合ってくれたりして、結果、私の給料が倍になる。

とにかくそういうストーリーがあると仮定します。

普段その上司について、特に良い人悪い人と意識したことはないけれど、給料交渉に関しては尽力してくださり、そのことに感謝している。

上司という人物、その性格というより、上司がしてくれたこと、その行動に注目しているので、”It's kind of you to double my salary.”が適切です。

では上司に“You're kind”と言ったら、どうなるのでしょうか。

別にどうもなりませんし、間違いでもありません。

上司の性格のこと褒めて、何かウラがあるのか、とか、上司に好意でも寄せているんじゃないか、とか、そんな詮索する人は、まずいないでしょう。

ただ注意したいのは、形容詞によっては、男性から男性へ言うのは避けた方が良い場合もあります。では、それについて、詳しく見てみましょう。

同性同士ではNGな形容詞

「形容詞 of 人」には、様々な形容詞が入ります。そこで注意したいのは、性別によって、NGな形容詞があるということ。

例えば、sweetという単語。甘いとか、親切などという意味があります。

【男 → 女】
職場の先輩(男性)が、バレンタインにチョコをくれた後輩(女性)に、
“Sweet of you to give me Valentine's chocolate.”
バレンタインのチョコレートをくれるなんて、君は優しいな。

【女 → 女】
風邪を引いたら、スープを持ってきてくれた女友達に、
“Sweet of you to bring some soup for me.”
スープをもってきてくれるなんて、優しいわね。

【女 → 男】
雨の日、車で送ってくれた男友達に、
“Sweet of you to give me a ride.”
車で送ってくれるなんて、優しいのね。

上記のパターンはOKなのですが、 男 → 男のパターンは避けた方が無難です。

【男 → 男】
引っ越すのを手伝ってくれた男友達に、
“Sweet of you to help me move.”
引越しを手伝ってくれて、優しい奴だな。

この場合はsweetではなく、niceやkindの方が安全です。

Sponsored Link

まとめ

”Kind of you”と“You're kind”の文法的な違い、そしてそれぞれの意味や使い方がお分かりいただけましたか?

行動に注目するときは”Kind of you”のように、

形容詞 of 人

一方、“You're kind”では、その人について、あるいはその人の性格に注目しています。

一見同じような意味にも見えますが、注目していることが違います。

“Sweet of you”とか”Nice of you”というフレーズは、よく使われます。意味を理解して、ぜひ使いこなしてください。

Sponsored Link

-形容詞

© 2020 英語冠詞の勉強部屋 Powered by AFFINGER5