英語学習の最難関!冠詞をどこよりも分かり易く解説

英語冠詞の勉強部屋

冠詞

先生の英語をチェック!冠詞で分かる講師の英語力

日本人で英語を教えている講師の方、たくさんいますよね。みなさんきっと一生懸命英語を勉強されたんだと思います。

しかしそんな英語の先生の英語力って、どれくらいなんだろうって思いませんか。

学ぶ側からしたら、やはり気になるところです。

ずはり、その先生がどのように冠詞を説明しているのかで、講師が冠詞をどれだけ理解しているのかで、英語力が分かってしまうんです。

Sponsored Link

習ったように教える

先日ネット上で英語のレッスンをしている動画を観ていました。その中で、Dr.アジというユーザーネームで動画をいくつも投稿している英語レッスンがあり、その一つの動画が冠詞についてでした。

その人はダウンロード形式の英語教材を売っているらしく、ビジネス成功のため頑張っているんだなと、思わず心の中でエールを送ってしまいました。

興味本位でその教材についての説明書きを読むと、何でも自分は留学中かワーホリ中か何か中、全く英語ができなかった。でもある日現地の人が自分に質問してきた一つの英文から、英語道が開けた。そんな経験から、英語が話せるようになり、そのメソッドをまとめたものらしい。説明書きがとても長かったので半分しか読んでいませんが、多分そんな内容だったと思います。

そんな苦労して身につけた英会話力。今ではたくさんの英語レッスンの動画を投稿されています。

で、冠詞についてのレッスン動画を観ていたら、大体3つにまとめてありました。

  1. 英語の名詞には、数えられる名詞(countable nouns)と数えられない名詞(uncountable nouns)がある。
  2. 数えられる名詞には、必ず冠詞a(an)かthe、または複数のsがつく。
  3. りんごが好きは”I like apples” と複数形で。チキンやビーフが好きなら、chicken、beefで、最後にsはつけない。理由は分からないがchickensとは言わない。

これはまさに中学校で習ったまんまではないですか!

私が子供に漢字を教えるとき、「はね」とか「はらい」を教えるのに、小学校1年生のときの担任の先生が教えてくれたように、私も教えます。人はまさに教わったように教えるのですね。

先生の英語力をチェック!

では上記の1~3を、一つ一つ検証してみましょう。

「数えられる名詞と数えられない名詞」という考え方

中学校高校と、英語の名詞には可算名詞と不可算名詞、数えられる名詞と数えられない名詞があると習いました。

英和辞典には、英単語が名詞のとき、「可」「不可」とか「C」「U」のマークがあって、この名詞は数えられるのか数えられないのかが記してあります。

しかしアメリカで普通に売っている英語辞典には、「C」「U」のマークがないんです。英語のオンライン辞書を見ても同じです。

なぜかというと、名詞について、そういう概念が無いんです。名詞を見て、そういうふうに考えたりしない。

おそらく名詞を見て、数えられるのかどうか、はっきりしたくなるのは、私たちがそういうふうに習ってきたからであって、そんなこと、冠詞を使いこなすためには、重要な要素ではありません。数えられる名詞かどうか、と考えるので、冠詞が理解できないのです。

冠詞について解説している先生が、英語の名詞には数えられる名詞と・・・、と話していたら、ちょっと残念な先生です。

数えられる名詞には冠詞か、複数のsがつく

私が見たビデオ動画には、例文として、

彼女はかわいい 
She is cute.

彼女はかわいい女の子だ 
She is _ cute girl.

girlは数えられる名詞だから、冠詞aをつて、

She is a cute girl.

とありました。

「英語冠詞 a の使い方は?超実践的例文で詳しく解説」にも書きましたが、冠詞は名詞につく付属品ではありません。

girlが冠詞を決めているのではなく、冠詞が名詞を決めている、冠詞が名詞の意味を決めて、説明しているのです。冠詞aが先にあって、girlがくる。

girlがあるからaをつける、という考え方をしている時点で、あらあら、とても残念です。こういう考え方が、日本人が冠詞を理解でなくしているのです。

りんごが好き、鶏の唐揚げが好き

さらにそのビデオ動画では、講師が、名詞を複数にするのか単数にするのか、という説明をしていました。

例文として、

I like apples. りんごが好き

この場合は、an appleではなく複数形applesとする。なぜなら、複数形にすることでいろんな種類のあるりんご全部をさすから。

でも

I like chicken. I like beef. 鶏肉が好き。ビーフが好き。

のときは、chickensとはいわない。

このビデオ動画先生は、理由が分からないとおっしゃっていましたので、詳細は「英語冠詞 a chickenを食べる?つけるとこうなる」をご覧ください。

確かにケンタッキーフライドチキンが好きと言いたいとき、

I like chicken.

ですが、もし

I like chickens.

と言ったら、別に間違っているわけではありません。

間違っているのではなく、単に違う意味になるだけです。

I like an apple. も同じこと。間違っているわけではなく、I like an apple の意味になるだけです。

冠詞を勉強するとき、正しいか間違っているかで理解すると、絶対冠詞を使いこなすことはできません。

なので先生が、

I like an appleではなく、I like apples.
I like chickens ではなく、I like chicken.

と話していたら、その先生の英語力はちょっと残念です。

まとめ

英語の冠詞は、他の文法とは違い、正しいか間違っているか、というシステム的に説明できるのではないし、システム的に理解するものではありません。

感覚なんです。

だから日本人にとって、英語の冠詞を理解するのは難しいです。

ですから、この感覚を身につけている英語の先生というのは、とても英語力があるといっていいでしょう。

Sponsored Link

-冠詞

© 2020 英語冠詞の勉強部屋 Powered by AFFINGER5