英語学習の最難関!冠詞をどこよりも分かり易く解説

英語冠詞の勉強部屋

冠詞 名詞

英語冠詞File4: 名詞の単数形複数形 I like an apple それともapples?

英語の名詞で、単数ではなく、複数形にする、と機械的に教えられた最初の例文は、

I like apples.

だったと記憶しています。確か中学校2年生のときだったと思います。

an apple ではなく、apples。理由を説明されてもいまいち理解できませんでした。

今回は、名詞の単数形と複数形、そして冠詞の関係を、この例文を用いながら解説します。

Sponsored Link

マンゴとりんご

私はマンゴが好きなのですが、薄いオレンジ色でとても小さい種類のマンゴは、あまり好きじゃないです。種類によって結構当たり外れが多いです。

でもりんごって、あんなにたくさん種類がありますが、どんな種類でも極端な当たり外れはありません。個人的には青りんごはあまり好みではありません。フジが一番好きです。

どんな種類でもまんべんなく好きって言える、りんごってすごいなと思います。

I like apples.

とは、そういういろんな種類があって、でもそういう種類全部含めて、とにかくりんごっていう果物全般、そんな意味合いがあります。

もしあなたが、りんごはりんごでも、青森県産のフジでないとりんごとは認めない、というようなこだわりが強い人であれば、I like apples ではありません。

いちごが好き

だったら、I like an appleは間違いなの?と疑問に思ったあなた、英語の冠詞をきっとマスターできるでしょう。

I like an appleが間違っているわけではありません。意味が違うだけです。

冠詞aは、たくさんある物の中から一つ無造作に適当に選ぶイメージです。

私はいちごが好きです。でも食べ物として食べるのが好き、というわけではありません。甘いのもあるけど、酸っぱいのが多い。当たり外れが大きい。

でも、いちごのあの艶やかな赤に粒粒、逆三角形の形、濃い緑のへた、あれが好きなんです。一粒だけ。何粒もあるとちょっと品が無くなる。

で、買ってきたいちごパックの中から、良さそうなのを一つ適当に選んで、白いノートの上に置くと、たまりません。スケッチをしたりして。

そんな私は、

I like a strawberry.

このように言うと、大抵の人は、どういう意味か尋いてきます。ですから私は上記のようなことを説明します。するとなる程ね、と納得してくれます。

もちろん、「いちごが好き、あの甘酸っぱさがいい、練乳をかけて食べるのが好き」というような意味なら、

I like strawberries.

です。

まとめ

今回は英語の単数形と複数形、そしてそれに伴う冠詞の関係を説明しました。

Sponsored Link

-冠詞, 名詞

© 2020 英語冠詞の勉強部屋 Powered by AFFINGER5