英語学習の最難関!冠詞をどこよりも分かり易く解説

英語冠詞の勉強部屋

形容詞

とっても使える英単語available 意味を理解して使いこなそう

日常英会話でよく使われる英単語、availableをご紹介します。意味をしっかり理解し、使いこなすと、英会話がググッと上達したなと実感できるようになります。

Sponsored Link

availableの意味・定義

みなさんavailableという英単語をご存知でしょうか。

辞書でavailableの意味を調べてみると、

利用できる、入手できる、得られる、手があいていて
(Weblioより)

こう見ると、何となくピンときません。目に見える物や事ではないので、ちょっと理解しがたいです。

しかし、このavailableという英単語、難易度はレベル2で、高校一年生以上の水準だそうで、そんなに難しい単語というわけではないようです。

にもかかわらず、理解しにくい、使いにくい、どういうふうに実際の場面で使ったらいいのか分からない。
一度理解すると、非常に使える英単語なんです。availableを使いこなしていると、自分って英会話デキるじゃん、なんて思えてきたり。

availableを実践で使えるように、解説します。

手があいてる?Are you available?

Are you available?

この一文は、availableの基本中の基本です。ちょっと時間ある?手があいてる?ちょっといい?と相手がスケジュール的に、あるいは時間的にOKかどうかを尋ねるときに使います。相手の手助けが必要なときに、使える表現です。

いつも人に頼ってばかりで、用事を押し付けてくるCさん。Cさんが”Are you available tomorrow?”と聞いてきたら、必ず、

No, I’m not available.

と答えるようにしています。「夕方なら、少し時間ある」などと答えようなら、用事を押し付けてくるだけなので、ハッキリ”I’m not available”と答えます。

税金申告の季節。書類を書いている最中、どうしても分からない項目が。どうしよう。そういえば友達の夫が税理士だったな。

Is your husband available now?

友達に電話して、「旦那さん今、ちょっと時間あるかな?」と聞いてみる。

availableの最も基本的な使い方を、まずはしっかり理解しましょう。

Sponsored Link

Is this available? 有効期限内か、使えるかどうか

Is this available?
これ、使えますか?

クーポン券や一日パス乗り放題乗車券などを店員や係員に差し出しながら言う一文です。券などが、使えるのかどうか、受け付けてもらえるのかどうか聞く文です。

友達から、東海地方限定の遊園地の無料入場券をもらった。それをもって休日に遊園地へ。受付で、無料入場券を見せて、”Is this available here?”と尋ねます。hereをつけて、「ここでは、この券の利用を受け付けているか」を聞いています。

新聞の広告で、近くのスーパーで使えるお米の割引券が。でも使うのを忘れていて、有効期限が昨日までになっている。でも一応聞いてみようということで、近くのスーパーに行ってみた。

Is this still available?
これ、まだ使えますか?

still「まだ〜」を使って聞いてみた。

券などが、使えるかどうか、相手がその券を受け付けてくれるかどうかを尋ねるときに使うavailable。これも基本的な使い方で、よく使われます。

Is this available? 使ってもいいのかどうか

オフィスにスマホの充電器がいくつか置いてあります。もちろん会社のものなので、使っていいのかどうか、一応聞いてみることに。

Is this available?
これ、使ってもいいんですか?

子供と公園に遊びに行ったら、いくつかオモチャが砂場に置いてあった。自由に使っていいのか、それとも誰かの私物なのか。近くにいたお母さんに、

Are these available?
使ってもいいですか?

これから自分が使用することが目的で、使ってもいいのかどうか尋ねるとき、availableを使って質問します。

Sponsored Link

Do you have XXX available? 利用できる状態かどうか

レクレーションセンターに行って、バレーをしようとバレーボールを借りることに。貸出コーナーで、

Do you have a volleyball available?

ここで一つポイントが。貸出コーナーで、バレーボールがあるかどうかを聞いて、全部で10個ある。10個あったとしても、10個全部貸出中だったり、ボールに穴が開いていて利用できない状態だったりすれば、あなたは使うことができないわけです。つまり貸出コーナーで、バレーボールを扱っているかどうかを聞いているのではなく、バレーボールを貸し出せる状態かどうかを尋ねているのです。availableという単語が有るか無いかで、意味が違ってくるのです。

コンピューターを7台所有している友達がいます。今日の5時までに提出しなければいけない書類を作成中、私のコンピューターがクラッシュ。どうしよう。友達にお願いしよう。

Do you have any computer available?

available を加えることで、単にコンピューターを持っているかどうかを尋ねているのではなく、私が今使える状態のコンピューターがあるかどうかを聞いています。

予約するときに使える ”the first available”

歯医者さんに電話して予約するとき、人とアポを取るとき、一番最初の空きはいつか尋ねるときに便利な表現です。

“What is the first available?”

the first available open
一番最初の空き

the first available date
一番最初の空きがある日

the first available time
一番最初の空き時間

timeとかdate とかは省略して、”What is the first available?”と言えば、普通は文脈から分かります。

有効期限だけの問題じゃないavailable

運転免許とかパスポートとか医師免許とかが有効期限内なので、「このパスポートまだ使えるから、使おうよ」。これを英訳して、”This passport is still available. I’ll use it.” 文法的には間違っていませんが、ちょっと変です。日本語でも、何か変、というのがお分かりいただけると思います。

「あ、このパスポート、有効期限が切れるまで、また10ヶ月もあるよ。急いで更新しに行く必要ないよ」というように、有効期限が焦点となる場合の免許書とか証明書の場合、availableを使うよりも、

This passport has not expired yet.

とか

This passport is still OK.

とかの方が、何となくしっくりきます。available を使うと、何かちょっと別な意味合いが。例えば、有効期限が過ぎたパスポートに、パンチホールされるVOID(無効)のマーク。でも何かのミスで、日本大使館の係の人は、そのマークをし忘れた。ってことは、うまくいけば、まだこのパスポート使えるんじゃない?そんな感じ。

または、あと3日しか有効期限がないパスポート。旅行は1週間の予定で、途中でパスポートの有効期限が切れて、トラブルになるかもしれない。それでも構わない。パスポートがまだ有効期限内である限り、私は使うわよ。そんな感じです。

availableは、何か目的があって、それを達成するために、実際に人や物が利用できるのかどうかがポイントです。単に有効期限の問題ではありません。

Sponsored Link

まとめ

今回紹介したavailableという英単語。使いこなせば英会話がかなり上達します。一見とっつきにくい英単語ですが、今回ご紹介した使い方を理解すれば、実践ではOKでしょう。是非使ってみてください。

以上、使える英単語availableについてでした。

Sponsored Link

-形容詞

© 2020 英語冠詞の勉強部屋 Powered by AFFINGER5