英語学習の最難関!冠詞をどこよりも分かり易く解説

英語冠詞の勉強部屋

冠詞

英語冠詞File2: a chickenを食べる?つけるとこうなる

英語の冠詞を勉強していると、よく例として使われるのが、冠詞有り「a chicken」と冠詞無し「chicken」の違いです。

とても分かり易い良い例で、私もすぐに理解できました。

ここでのポイントは、冠詞aをつけるとつけないでは、意味が異なってくる、つまり冠詞が名詞の意味を決めてしまうという怖いお話です。

Sponsored Link

食べたのはニワトリ?鶏肉?

英語の冠詞aの違いをよく表している、2つの文章があります。

  1. I ate chicken for lunch.
  2. I ate a chicken for lunch.

1の文章は、お昼に鶏肉を食べたということです。照り焼きバーガーとか、焼き鳥定食とか、唐揚げ弁当とか。そういう普段鶏肉を食べるときは、冠詞aをつけないで「chicken」。

そして2の文章は、ニワトリをお昼に食べた。もちろん鶏肉はニワトリの肉ですが、2の文章は、ニワトリそのもの。つまり動き回るニワトリを捕まえて、かぶりついて食べた。そんな感じです。

2の例文の状況なんて、今の時代、しかも日本ではないだろうと思っていたら、なんとYouTubeであるテレビ番組を発見。

日本の山間に住む、ほぼ自給自足の生活をしている家族。卵を食べる為に何匹かニワトリを飼っていますが、時々その内の一羽を捕らえて食します。父親の命令で、幼い娘が逃げ回るニワトリを捕まえ、首を切り落として殺します。娘はニワトリの羽をむしり取り、内臓を取り出して、包丁で肉を切り分けます。薄く切って、刺身にして、父親に差し出し、父親は醤油をつけてそれを食べるのですが、番組を見る限り、娘は食べていないようでした。

その様子を見たとき、私は信じられませんでした。鶏肉に火を通さず、そのままで食べるだと?!

この親子に母親はいないようで、番組ではなぜ不在なのか触れていませんでした。触れていないということは、おそらく出て行ったのでしょう。もし死別なら、恥ずかしいことではないので番組で説明があるはずです。

で、こんな父親だから、奥さんに逃げられるのよ、と思ってしまいました。

みなさん、鶏肉を生のまま食べるのは、食中毒のもとです。危険です。絶対に止めましょう。

話を戻して、もしこの娘が、自分で切った鶏肉を、父親と同じ様に食べたら、

She ate a chicken.

となるのでしょう。

chickenという名詞が、数えられる名詞か数えられないか名詞か考えて、その結果冠詞aをつけるかつけないか、という順番で考えるのではないことが、理解できましたか?

名詞chickenが、冠詞をつけるかつけないか決めているのではなく、冠詞がchickenの意味を決めているのです。

と言っても、極端に意味が異なるわけではなく、冠詞をつけてもつけなくても、chickenはやっぱり鶏系。冠詞の有る無しで豚肉になったり鹿肉になったりはしません。

これはどういうことかというと、冠詞で意味は違ってくるけど、実際の会話では、相手は文脈から意味を判断するものです。ですから、例えあなたが、

I ate a big chicken for dinner.

と言っても、きっと相手は、ケンタッキーフライドチキンのあの大きいピースのことね、と、ちゃんと理解してくれるでしょう。

冠詞aにつける名詞

次に上記の例を、「冠詞aについた名詞」という概念から解説します。

「名詞に冠詞がついているのではなく、冠詞に名詞がつく、つまり冠詞が先にありき」という考え方は、こちらにも詳しく書いてあります。
「日本人の間違った英語冠詞の考え方 実際の使い方を解説」

ネイティブは、"I ate a...."と言った時点で、頭の中には一つの完成した形というか切り分けたり刻んだりしていない、元々の本来の形、個体、塊、物体が浮かんでいます。ここでいう完成した形・本来の形とは、具体的な形状とは意味が違います。

冠詞a(an)は具体性を伴わないことは、「英語冠詞 a の使い方は?超実践的例文で詳しく解説」で詳しく述べています。

ニワトリについて完成した形・本来の形とは、

ニワトリ

ですが、

具体的な形状とは、ニワトリの大きさとか、色とか、年齢とか、羽が艶やかかとか、そんなことです。

ですから、

I ate a....

とあなたが言った時点で、聞いている相手は完成した形・本来の形のものを頭に描き、あなたはaの後にchickenを入れてしまったことで、

フライドチキン

のような、カットして調理したものではなく、本来の形である、

ニワトリ

という意味になってしまったのです。

最後に

英文法の一番の難関、冠詞の解説をしました。

以上、ニワトリなのか、ケンタッキーフライドチキンなのかは、冠詞aが決めている、についてでした。

Sponsored Link

-冠詞

© 2020 英語冠詞の勉強部屋 Powered by AFFINGER5